きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [診療]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

Colonoscopy

当クリニックの
大腸内視鏡検査

検査前の
下剤の服用について

大腸内視鏡検査は、「検査前の下剤(腸管洗浄剤)の服用が辛い」という患者さまからの声を数多くお聞きします。このことを少しでも改善するために、当クリニックでは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲むお薬の種類を多数取り揃えております。

当クリニックでは、患者さまの ①年齢 ②日々の排便状況 ③既往症 をもとに最適な下剤を下記の5種類の中から提案させて頂いております。

  • モビプレップ
  • ニフレック
  • マグコロールP
  • ビジクリア
  • ピコプレップ

モビプレップ(液剤)※当クリニックで最も使用している下剤になります。

モビプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

モビプレップ(液剤)

この製剤のメリット 薬剤の服用量が少なく済みます。 モビプレップ(液剤)
この製剤のデメリット 薬剤の半分量の水、又はお茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)を服用します。
飲み方
  • パックに水を入れて2000mlにし、1000mlを1時間かけて飲みます。
  • 飲んだお薬の半分量の水分を取ります。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。 腎臓に疾患をお持ちの方

ニフレック(液剤)

ニフレックはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

ニフレック(液剤)

この製剤のメリット 服用方法が簡単である。 腸管内の残渣が少なく、正確な検査が期待できます。 ニフレック(液剤)
この製剤のデメリット レモン風味の特有の味があり、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
飲み方
  • パックに水を入れて2000mlにし、2時間かけて飲みます。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
  • 最初の2~3杯は15分以上かけてゆっくり飲みます。

マグコロールP(液剤)

マグコロールPはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

マグコロールP(液剤)

この製剤のメリット 服用方法が簡単である。スポーツ飲料のような味がある。 マグコロールP(液剤)
この製剤のデメリット 甘みがありますので、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
飲み方
  • パックに水を入れて1800mlにし、約1時間30分かけて飲みます。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約200ml)を10分かけて飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。 腎臓に疾患をお持ちの方

ビジクリア(錠剤)

ビジクリアはお薬(錠剤)を水分と一緒に飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

ビジクリア(錠剤)

この製剤のメリット 錠剤を飲む時は水、お茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)でお飲みいただけます。 ビジクリア(錠剤)
この製剤のデメリット 錠剤が大きく個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
飲み方
  • 2000mLの水分と、錠剤50錠を2時間30分の速さで飲みます。
  • 飲み方は錠剤5錠をコップ1杯の水分(約200mL)で15分かけて飲みます。これを10回繰り返します。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。
  • 心臓に疾患をお持ちの方
  • 腎臓に疾患をお持ちの方
  • 年齢が65歳以上の方
  • 高血圧の治療を受けている方

ピコプレップ(液剤)

ピコプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

ピコプレップ(液剤)

この製剤のメリット 薬液はオレンジ風味で量が少なく(150ml×2回)、薬液後の透明な飲み物は、患者さまがお好きな物をお飲みいただけます。 ピコプレップ(液剤)
この製剤のデメリット 前日の夜と検査当日の2回の服用が必要です。
飲み方
  • 水に溶かしたお薬150mlを前日の夜と当日の2回飲みます。
  • 前日はお薬の後、透明な飲み物1250ml以上を2~3時間ほどで飲みます
  • 当日はお薬の後、透明な飲み物750ml以上を1~2時間ほどで飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。 腎臓に疾患をお持ちの方

大腸内視鏡検査のご予約はこちら

  • 大腸内視鏡検査をご希望の方は、以下のWeb予約サイトからお申し込みください。Web予約はこちら
  • 大腸内視鏡のご相談はお電話でお問い合わせください。
    03-6413-1642

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら