きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [受付]9:00〜12:00/15:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

Colonoscopy

当クリニックの
大腸内視鏡検査

苦痛のない優しい大腸内視鏡検査

胃カメラの検査を行う様子

大腸がんや大腸ポリープは、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での治療が可能な病気です。
つまり、大腸がんは予防できる「癌(がん)」のひとつであると言えます。
現在、大腸がんは女性ではがん死亡原因の第1位、男性では第3位となっています。

当院では痛みのない、苦しくない、安心できる大腸内視鏡検査を行っております。
「大腸内視鏡は痛くて、つらい、こわい」と思っている方に、ぜひ一度当院の内視鏡を受けて頂き、ここで検査をしてよかったと、安心して帰って頂きたいと思っております。
大腸内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、大腸がんの早期発見・早期治療にはとても大切です。

当クリニックの
大腸内視鏡検査の特徴

痛みのない、苦しくない検査
内視鏡(胃カメラ)を持つ様子 『完全無送気軸保持短縮法』により、空気を全く入れないで、ほぼ直線的に大腸の一番奥まで到達する挿入法を行っております。この方法により腸が伸びてつっぱることが少なく、安全で体に負担の少ない検査となります。
おなかの張らない検査
小さなポリープも見逃さないよう、検査の際に十分に大腸を膨らませて観察しますが、当院では炭酸ガス送気システムを使用することで、検査中、検査後のお腹の張りをなくす工夫をしております。
リラックスして受けられる検査
検査イメージ 検査中にできるだけリラックスして頂けるように、当院では静脈麻酔を使用した検査を行います。検査中に少しウトウトとした状態で、希望の方は、検査の画面をみながら、観察を行います。麻酔の量は患者さま毎に、調整致します。検査後は個室使用のリカバリールームで横になってお休みいただけます。
安全な検査
当院では最新の内視鏡消毒システムを導入しております。内視鏡検査ごとに洗浄し、大腸菌や肝炎ウイルスなどの病原菌を制御することで、患者さまひとりひとりに安全な内視鏡検査を受けて頂けます。

痛みが少ない「無送気軸保持短縮法」

当クリニックでは『無送気軸保持短縮法(無送気軸保持直線的挿入法)』による大腸内視鏡検査を行っております。
大腸は曲がりくねった臓器で、その走行を把握するために空気を注入しながら大腸内視鏡(大腸カメラ)を挿入(従来のループ法)してしまうと、お腹が張り、内視鏡で腸が押され、痛みを伴います。
この挿入法は、腸を丁寧にたたみこんで短縮しながら内視鏡(大腸カメラ)を進めていきます。
よって、曲がっている部分も軸を保ちながら真っ直ぐ内視鏡を進めていくことにより、腸が無理に伸びたりすることがありません。大腸を押して伸ばしてしまうことがほとんどないため、苦痛がなく、安全な挿入法と考えられます。
特に、腸が長い方、手術歴があり癒着がある方、腸の屈曲が強い方に対しては、苦痛の差は歴然であり、とても有効です。

無送気軸保持短縮法について

この挿入法では、これまで10000件以上の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行ってきた経験上、強い鎮静剤は必要なく、緊張をとる程度の鎮静剤で十分であると思われます。
そのため、大腸の観察時には目が覚めている患者さんも多く、痛みや苦痛を訴えることなく、モニターを見ながら説明を受けることが可能で、検査の内容を目で見ながら一緒に確認できる利点もあります。

Case1 典型的な症例

Case2 癒着症例

便潜血検査(便鮮血反応)について

便潜血陽性と言われたら・・

健康診断で広く行われている「大腸がん」の早期発見のためのスクリーニング検査として便潜血検査(便ヘモ)があります。この検査で陽性となった場合は、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)による精密検査でより詳しく調べる必要があります。
便潜血の症状を放置することはいけませんが、この結果だけで心配しすぎる必要はありません。便潜血陽性とは、あくまで目に見えないくらいの少量の血液が便に混じっていたという状態で、腸の中の出血でなくても、検体である便に血液が付着すれば、陽性反応が出るということになります。

便潜血検査(便鮮血反応)が示すことは・・

便潜血検査が陽性の方が、大腸がんである確率はおおよそ2%程度ですが、ポリープなど他の病気が見つかる確率は40-50%ほどあります。従って、病気の早期発見のためには内視鏡検査を受けた方が良いと考えられております。
一方、大腸ポリープの約50%、早期大腸がんの約30%、進行大腸がんにおいても10%程度は便潜血反応が陰性となるといわれており、検診での便潜血反応はあくまでの非常な簡便は指標にしかなりません。)

これらのことから、当クリニックでは便潜血陽性の方にはもちろんのこと、これまで大腸内視鏡(大腸カメラ)の検査を受けたことがない方には、大腸内視鏡(大腸カメラ)での検査をご案内しております。

検査前の下剤の服用について

大腸内視鏡検査は、「検査前の下剤(腸管洗浄剤)の服用が辛い」という患者さまからの声を数多くお聞きします。これらを少しでも改善するために、当クリニックでは大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲むお薬をお選び頂けます。

当クリニックでは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲むお薬を5種類のなかからお選び頂けます。

  • モビプレップ
  • ニフレック
  • マグコロールP
  • ビジクリア
  • ピコプレップ

それぞれに飲み方や味などに特徴があります。ご希望に加え、年齢・既往歴・便通の状態などを踏まえて、前処置薬(検査前の下剤)を決めておりますので、お気軽に御相談ください。

モビプレップ(液剤)

モビプレップ(液剤)

モビプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

この製剤のメリット

薬剤の服用量が少なく済みます。

この製剤のデメリット

薬剤の半分量の水、又はお茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)を服用します。

飲み方

モビプレップ(液剤)

  • パックに水を入れて2000mlにし、1000mlを1時間かけて飲みます。
  • 飲んだお薬の半分量の水分を取ります。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。
  • 腎臓に疾患をお持ちの方

ニフレック(液剤)

ニフレック(液剤)

ニフレックはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

この製剤のメリット

服用方法が簡単である。 腸管内の残渣が少なく、正確な検査が期待できます。

この製剤のデメリット

レモン風味の特有の味があり、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

飲み方

ニフレック(液剤)

  • パックに水を入れて2000mlにし、2時間かけて飲みます。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
  • 最初の2~3杯は15分以上かけてゆっくり飲みます。

マグコロールP(液剤)

マグコロールP(液剤)

マグコロールPはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

この製剤のメリット

服用方法が簡単である。スポーツ飲料のような味がある。

この製剤のデメリット

甘みがありますので、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

飲み方

マグコロールP(液剤)

  • パックに水を入れて1800mlにし、約1時間30分かけて飲みます。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約200ml)を10分かけて飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。
  • 腎臓に疾患をお持ちの方

ビジクリア(錠剤)

ビジクリア(錠剤)

ビジクリアはお薬(錠剤)を水分と一緒に飲むことで腸管内をきれいにするお薬です

この製剤のメリット

錠剤を飲む時は水、お茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)でお飲みいただけます。

この製剤のデメリット

錠剤が大きく個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

飲み方

ビジクリア(錠剤)

  • 2000mLの水分と、錠剤50錠を2時間30分の速さで飲みます。
  • 飲み方は錠剤5錠をコップ1杯の水分(約200mL)で15分かけて飲みます。これを10回繰り返します。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。
  • 心臓に疾患をお持ちの方
  • 腎臓に疾患をお持ちの方
  • 年齢が65歳以上の方
  • 高血圧の治療を受けている方

ピコプレップ(液剤)

ピコプレップ(液剤)

ピコプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

この製剤のメリット

薬液はオレンジ風味で量が少なく(150ml×2回)、薬液後の透明な飲み物は、患者さまがお好きな物をお飲みいただけます。

この製剤のデメリット

前日の夜と検査当日の2回の服用が必要です。

飲み方

ピコプレップ(液剤)

  • 水に溶かしたお薬150mlを前日の夜と当日の2回飲みます。
  • 前日はお薬の後、透明な飲み物1250ml以上を2~3時間ほどで飲みます
  • 当日はお薬の後、透明な飲み物750ml以上を1~2時間ほどで飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。
  • 腎臓に疾患をお持ちの方

日帰り大腸ポリープ切除

当クリニックでは、大腸内視鏡検査を行い、大腸ポリープが見つかった際には、基本的には検査と同日に日帰りでのポリープ切除術を行っています。ポリープを切除するために入院する必要もありません。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の検査費用

1割負担 3割負担
大腸内視鏡(観察のみ) ¥2,500前後 ¥7,500前後
大腸内視鏡(病理組織検査※1あり) ¥3,000-5,000前後 ¥10,000-15,000前後
日帰り大腸ポリープ切除※2 ¥7,000-10,000前後 ¥20,000-30,000前後
  • 使用する薬剤の種類や点滴の有無によって費用が前後することがあります。
  • 内視鏡検査前の事前診察代は含まれておりません。

※1 病理組織検査は組織を一部採取して、炎症の程度やがん細胞が含まれていないなどを調べます。
※2 大腸ポリープを切除した際は病理組織検査を行い、がん細胞が含まれていないかどうかや、ポリープが完全に取りきれているかなどを調べます。

あてはまる方は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けましょう

内視鏡検査

  • 排便時に出血を認めたり、便に血が混じっている方
  • 検診で便潜血反応が陽性となった方
  • 貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある方

内視鏡検査

  • おなかの調子が悪い方(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通異常のある方(便秘、下痢、便が細いなど)

内視鏡検査

  • 過去に大腸ポリープがあった方
  • 血縁者が大腸がんになった方

内視鏡検査

  • 40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら