きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [診療]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

Colonoscopy

当クリニックの
大腸内視鏡検査

苦痛のない優しい大腸内視鏡検査

胃カメラの検査を行う様子

大腸がんや大腸ポリープは、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での治療が可能な病気です。
つまり、大腸がんは予防できる「癌(がん)」のひとつであると言えます。
現在、大腸がんは女性ではがん死亡原因の第1位、男性では第3位となっています。

当院では痛みのない、苦しくない、安心できる大腸内視鏡検査を行っております。
「大腸内視鏡は痛くて、つらい、こわい」と思っている方に、ぜひ一度当院の内視鏡を受けて頂き、ここで検査をしてよかったと、安心して帰って頂きたいと思っております。
大腸内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、大腸がんの早期発見・早期治療にはとても大切です。

以下の症状に該当する方は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けましょう

内視鏡検査

  • 排便時に出血を認めたり、便に血が混じっている方
  • 検診で便潜血反応が陽性となった方
  • 貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある方

内視鏡検査

  • おなかの調子が悪い方(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通異常のある方(便秘、下痢、便が細いなど)

内視鏡検査

  • 過去に大腸ポリープがあった方
  • 血縁者が大腸がんになった方

内視鏡検査

  • 40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

当クリニックの
大腸内視鏡検査の特徴

痛みのない、苦しくない検査
内視鏡(胃カメラ)を持つ様子 『完全無送気軸保持短縮法』により、空気を全く入れないで、ほぼ直線的に大腸の一番奥まで到達する挿入法を行っております。この方法により腸が伸びてつっぱることが少なく、安全で体に負担の少ない検査となります。
おなかの張らない検査
小さなポリープも見逃さないよう、検査の際に十分に大腸を膨らませて観察しますが、当院では炭酸ガス送気システムを使用することで、検査中、検査後のお腹の張りをなくす工夫をしております。
リラックスして受けられる検査
検査イメージ 検査中にできるだけリラックスして頂けるように、当院では静脈麻酔を使用した検査を行います。検査中に少しウトウトとした状態で、希望の方は、検査の画面をみながら、観察を行います。麻酔の量は患者さま毎に、調整致します。検査後は個室使用のリカバリールームで横になってお休みいただけます。
安全な検査
当院では最新の内視鏡消毒システムを導入しております。内視鏡検査ごとに洗浄し、大腸菌や肝炎ウイルスなどの病原菌を制御することで、患者さまひとりひとりに安全な内視鏡検査を受けて頂けます。

大腸内視鏡検査のご予約はこちら

  • 大腸内視鏡検査をご希望の方は、以下のWeb予約サイトからお申し込みください。Web予約はこちら
  • 大腸内視鏡のご相談はお電話でお問い合わせください。
    03-6413-1642

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら