きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [受付]9:00〜12:00/15:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

当クリニックの
内視鏡検査の特徴

Features

当クリニックの
内視鏡検査の特徴Features

無送気軸保持短縮法による大腸内視鏡検査無送気軸保持短縮法
による
大腸内視鏡検査
苦痛のない優しい内視鏡検査を行うには、何より内視鏡を挿入するコツ(技術)が必要です。
空気を入れず、腸をのばさない方法で、挿入していきます。
オエッとすることのない経鼻内視鏡検査オエッとすることのない
経鼻内視鏡検査
舌の付け根に内視鏡が当たらないため、嘔吐反射がほとんど起こらないことが最大の特徴です。
患者さまへの負担が少ない細径スコープながら高画質化を実現しております。
胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同時に実施胃内視鏡検査と
大腸内視鏡検査を
同時に実施
事前診察による症状など、必要に応じて胃と大腸の内視鏡検査を同日に続けて行うことができます。患者さまは専用ベッドに休んだまま、胃⇒大腸の順番で検査を行います。
日帰り大腸ポリープ切除日帰り大腸ポリープ切除
患者さまの肉体的・金銭的・時間的負担を考慮して検査と同日に日帰りで内視鏡ポリープ切除を行っております。
*大きなポリープについては提携の入院施設へのご紹介をさせて頂く場合があります。
最新鋭の内視鏡システムを導入最新鋭の
内視鏡システムを
導入
当クリニックではフジノン社製の最新鋭の内視鏡システムを導入しております。
専用リカバリールーム、カウンセリングルームの設置専用リカバリールーム、
カウンセリングルームの設置
リラックスをして、安心して検査を受けていただけるよう、男女別の専用ルームを設けております。
徹底した衛生管理徹底した衛生管理
日本消化器内視鏡学会のガイドラインに沿った洗浄を毎回行っております。
また、血液や組織が直接付着する使用器具は、使い捨てのディスポーザブルの器具を使用し、厳重な感染対策をおこなっております。
炭酸ガス送気システムの使用炭酸ガス送気システムの
使用
通常の大腸内視鏡検査では「空気」を入れて大腸を膨らませて観察を行いますが、”空気”は非常に吸収されにくく、検査後にお腹の張りを訴える方が多くいらっしゃいます。当クリニックでは、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用し、検査後のお腹の張りをなくす工夫をしております。

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら