きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [受付]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

最新鋭の内視鏡検査
システムの導入

Facilities

最新鋭の内視鏡検査
システムの導入

内視鏡システム

レザリオ

レーザー光源を搭載した次世代内視鏡システム『LASEREO 7000システム』(フジノン)を導入しております。

レーザー内視鏡では、その特性を利用した狭帯域光観察機能を搭載し、目的に応じて、最適な観察方法を選択できます。通常の観察に加え、粘膜表層の微細な血管や構造などを強調して表示する「Blue LASER Imaging(BLI)機能」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する画像処理機能「Linked Color Imaging(LCI)」という特殊な観察方法が可能であり、腫瘍(BLI観察)や炎症(LCI観察)をより早期に発見可能となります。

特に、7000シリーズはBLI機能を使用して中遠景を観察する際の観察画像の明るさが向上され、より微小な病変の観察を行えるようになりました。

当クリニックはレザリオ7000シリーズを東京都初導入した施設です。

上部消化管内視鏡(胃内視鏡)

経鼻内視鏡の最新鋭機種であるEG-L580NW7を導入し、レーザー光源による高度な観察性能を実現可能です。

経鼻内視鏡

独自の微細加工技術により、先端部径5.8mmの極細スコープでありながら、経口スコープに迫る広角高画質を実現しております。
広視野角、高画質で粘膜のわずかな変化も詳細に観察可能です。
これにより、患者さまの苦痛をやわらげる経鼻挿入に適したしなやかなスコープでありながら、病変の早期発見が可能となります。

下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)

大腸内視鏡の最新鋭機種であるEC-L600ZP7を導入し、高精細な画像を実現可能です。

大腸内視鏡

光学拡大機能と硬度調整機能を備えながら先端部径11.7mmを実現した、観察性能・挿入性を追求したスコープを採用しております。細径拡大スコープにより大腸挿入がよりスムーズになり、患者さまの負担軽減をサポートしつつ、病変の早期発見・治療が可能となります。

炭酸ガス(CO2)
送気システム

GW100

内視鏡用炭酸ガス送気装置GW-100を導入しております。

内視鏡観察をする際に、空気の代わりに生体吸収性に優れている炭酸ガス(CO2)を送気する装置です。
炭酸ガス(CO2)は空気より200倍吸収が早いため、腸管内に入った炭酸ガスは速やかに吸収されていきますので、検査後におなかの張りや痛みを感じることはほとんどありません。
検査中の患者さまの膨満感からくる苦痛を緩和することが可能となり、よりスムーズで、安全な内視鏡検査をサポートしてくれます。

内視鏡洗浄システム

ESR200

高い感染管理に応える内視鏡洗浄消毒システム『ENDOSTREAM』を導入しております。

内視鏡の消毒に用いられる高水準消毒剤である「過酢酸(かさくさん)」を使用しております。
過酢酸は蛋白質変性作用をもち、短時間で高い殺菌作用と安全性を併せもち、肝炎ウイルス、HIV、結核などの「内視鏡を介して感染を起こす既知の病原体」についてはすべてに殺菌効果があります。
内視鏡は粘膜に直接接する検査であるため、常に高水準消毒を行います。

※コスト面で安価であるため一般のクリニックで汎用されている強酸性水については、高水準消毒薬には該当せず、今後消化器内視鏡の感染制御に関するガイドラインの改訂に際して改めて検討される予定であります。

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら