きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [受付]9:00〜12:00/15:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

胃内視鏡検査(胃カメラ)

Gastroscopy

当クリニックの
経鼻胃内視鏡検査
(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)イラスト

当院は、最先端の苦痛の少ない鼻からのわずか直径5㎜程度の太さの胃内視鏡(胃カメラ)を導入し、消化器内視鏡専門医による高水準の技術により、さらに楽な痛みのない検査を可能にしています。鼻からの内視鏡検査では、口からの検査と違って嘔吐反射を起こしません。鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、「オエーっ」という吐き気(咽頭反射)をほとんどもよおすことなく楽に検査を受けることができます。

かつては経鼻内視鏡検査の欠点であった画質の劣りに関しましても、最新鋭の内視鏡装置の導入により従来の経口内視鏡検査とほぼ同等の高画質となりました。

胃の中を観察する際には、微細な病変を見逃さないように、胃の中を空気で膨らませる必要があります。少しお腹が張った感じになりますが、これは詳細な観察には不可欠です。当クリニックでは少量の鎮静剤(静脈麻酔)(※1)を用いながら、内視鏡検査を行うことで、胃を十分に膨らませた際のおなかの膨満感や圧迫感を感じないように検査を受けて頂くことが可能です。

※1 在院時間を最小限にしたいお忙しい方やお車で来院を希望される方には鎮静剤(静脈麻酔)を使用しない方法での経鼻内視鏡検査も可能です。外来にてご相談させて頂きます。また、逆に内視鏡検査に不安をお持ちの方には、鎮静剤(静脈麻酔)の量を調整することも可能です。
※ もともと鼻腔が狭く、スコープが通らない方、口からの検査をご希望の方には、口からの胃内視鏡検査(胃カメラ)にさせて頂きます。
◎ レーザー光源を搭載した最新型の内視鏡システム(富士フィルム社)を導入しており、微小病変に対してはBLI観察やLCI観察といった狭帯域光観察や色素散布を行い、表面構造を正確に評価し、病変の早期発見に努めています。

当クリニックの
胃内視鏡検査(胃カメラ)の特徴

胃内視鏡検査(胃カメラ)
苦痛が少ない
この写真は、経鼻/経口内視鏡を比較した写真です。経鼻内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さで、検査前に鼻(腔)にも十分な麻酔を行いますので、痛みを感じることがほとんどありません。

◎鎮静剤(静脈麻酔)を併用することで無痛内視鏡検査を行うことが可能です。

経鼻/経口内視鏡の違い
おう吐が起きにくい
内視鏡が舌のつけ根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
胃内視鏡検査(胃カメラ)イメージ
検査画面(モニター)を見ながら、会話ができる
検査中も会話が可能なため、質問したいときには自由に医師とお話できます。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の検査費用

費用について

胃内視鏡検査

1割負担 3割負担
胃内視鏡(観察のみ) ¥2,000前後 ¥6,000前後
胃内視鏡(病理組織検査※あり) ¥3,000-4,000前後 ¥9,000-12,000前後
  • 使用する薬剤の種類や点滴の有無によって費用が前後することがあります。
  • 内視鏡検査前の事前診察代は含まれておりません。

※ 病理組織検査は組織を一部採取して、炎症の程度やがん細胞が含まれていないなどを調べます。

世田谷区胃がん(内視鏡)検診

【自己負担費用】 1,500円
※病理組織検査を行った場合、別途3,000円から6,000円程度の費用がかかります。

あてはまる方は胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けましょう

胃・喉

  • 胃もたれや、胃の痛み、胸焼け、食欲不振が続く方
  • 喉の違和感が続く方

ピロリ菌

  • 貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある方
  • 健康診断で、ピロリ菌が陽性だったことがある方

病気の警告

  • 検診や人間ドックのバリウム検査で異常を指摘された方
  • 黒い便が出た方

初心者マーク

  • 40歳以上の方で胃内視鏡検査を受けたことがない方
  • 血縁者が胃がんになった方

胃がん検診について

平成30年度世田谷区胃がん(内視鏡)検診について

随時予約を受け付けております。
当クリニックは鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)を中心に行っております。ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせください。(ウトウトしながら検査を行う鎮静剤(静脈麻酔)の使用も適宜行っております)
また、土曜日曜にも内視鏡検査を実施しておりますので、平日に検査を受けることが難しい方も検査を受けることが可能です。

申し込み・受診予約について

申し込み方法

「胃がん検診受付センター:03-5787-8317」にお申し込み後、送付されたご案内と受診票をよくご確認のうえ、当クリニック(03-6413-1642)へ直接、予約をお取りください。

◎検査の予約は、お電話にて予約を受け付けております。
(お電話にて『検査日の確定』『検査前の注意事項などのご説明』を行います)

※尚、web予約は、『診察の予約』となり、『検査日の予約』にはなりませんので、ご注意を頂きますよう、よろしくお願い致します。
ご不明な点がございまして、お気軽にお電話にてお尋ねください。

対象

50歳以上の世田谷区民
対象年齢は、平成31年3月31日現在の年齢をさしています。

自己負担費用

1,500円

検診費用以外に保険診療等の別途自己負担が発生する場合があります。
(受診当日は必ず保険証を持参してください)。
※病理組織検査を行った場合、保険診療にて別途3,000円から6,000円程度の費用がかかります。

受診期限

平成29年度の検診は平成30年3月31日が受診期限です。

平成30年度の検診は平成31年3月31日が受診期限です。

※平成29年度の受診票をお持ちの方で平成30年3月31日までにご予約がとれない場合、その受診票を平成30年6月末日までご利用いただけます。
その場合は、平成30年度の受診として取り扱います。

検診の詳細につきましては 世田谷区ホームページ にて、御確認の程、よろしくお願い致します。

豆知識1 「胃カメラ」と「胃内視鏡検査」の違いについて

患者さまが「以前の胃カメラがとても辛かった」や「胃カメラは口からですか?鼻からですか?」と話されているのをよく耳にします。みなさん、「胃内視鏡検査」のことを一般的に"胃カメラ"と呼ばれているのですが、実は胃カメラと内視鏡とはまったく異なる機器です。
胃カメラは1950年に日本で開発された医療機器で挿入管の先端に取り付けた小型カメラで、胃内を撮影する装置です。当然、リアルタイムでのモニタリングは出来ず、検査が終わった後に現像することで、胃内部の病変を診断していました。

胃カメラCCDと呼ばれる超小型カメラ、送気・送水管、吸引・鉗子孔を備えた内視鏡の先端部

一方、現在の内視鏡は先端部にCCDと呼ばれる超小型カメラを備え、胃の内部をリアルタイムで観察し、撮影できるという胃カメラとは行うことができなかったメリットがあります。さらには、送気・送水管(空気や水を送る管)、生検鉗子孔(病理検査などのための処置具をいれる孔)が装備され、病理検査やポリープなどの病変の切除も同時に行うことが可能になります。また、当クリニックで導入ぢている最新の内視鏡システムでは直径5㎜程度の極細径スコープでも内視鏡画像は高画質なハイビジョンで再生され、確かな内視鏡診断が可能となっております。

このように狭義では「胃カメラ」と「内視鏡」は別物なのですが、現状では胃内視鏡検査に使用されるスコープについて、広義では、患者さまだけではなく、医療従事者にとっても、「胃カメラ」と「胃内視鏡検査」は同じものと言えます。

※現在では「上部内視鏡検査」「上部消化管内視鏡検査」「上部消化管内視鏡」「胃内視鏡検査」「胃カメラ」はすべて同じ検査をさします。

豆知識2 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と上部消化管X線検査(バリウム検査)の違いについて

国立がんセンターによる「がん検診ガイドライン2014年度版」によれば、胃がん検診として推奨されている検査方法は、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と上部消化管X線検査(バリウム検査)の2つとなります。
上部消化管X線検査は低コストであり、一般的な集団健診でまだまだ広く行われていますが、いわば「影をみて判定する」方法であり、微小病変や平坦病変は発見が難しく、検査精度に限界があります。個人でドックを申し込む方や市民検診で上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を選択できる方は、より詳細な観察・診断が可能な上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を受けることをお勧めします。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)のメリット

  • 食道、胃、十二指腸の観察が可能
  • バリウム検査ではわからない逆流性食道炎の有無を診断可能
  • 粘膜表面の色調や凹凸など表面構造の微細な変化を詳細に観察可能
  • 必要に応じて生検(病理組織検査)ができるため、悪性であるか否かの確実な診断が可能

◎当クリニックでは直径5㎜程度と極細ながら高画質で観察を行うことができる最新式のスコープを採用しており、鼻からの経鼻内視鏡検査を基本としています。苦痛を軽減するような鎮静剤(注射薬)も併用して行いますので、検査が苦手、不安、反射がつらいという方、他の医療機関で苦しい思いをしたという方も安心してご予約ください。

ピロリ菌外来

ピロリ菌

ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜が傷つけられたり、炎症が起こります。ピロリ菌に感染している状態が長くつづくことで、さまざまな病気を引き起こす可能性もあります。

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら