きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [診療]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

Colonoscopy

当クリニックの
大腸内視鏡検査

便潜血検査(便鮮血反応)について

便潜血陽性と言われたら・・

健康診断で広く行われている「大腸がん」の早期発見のためのスクリーニング検査として便潜血検査(便ヘモ)があります。この検査で陽性となった場合は、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)による精密検査でより詳しく調べる必要があります。
便潜血の症状を放置することはいけませんが、この結果だけで心配しすぎる必要はありません。便潜血陽性とは、あくまで目に見えないくらいの少量の血液が便に混じっていたという状態で、腸の中の出血でなくても、検体である便に血液が付着すれば、陽性反応が出るということになります。

便潜血検査(便鮮血反応)が示すことは・・

便潜血検査が陽性の方が、大腸がんである確率はおおよそ2%程度ですが、ポリープなど他の病気が見つかる確率は40-50%ほどあります。従って、病気の早期発見のためには内視鏡検査を受けた方が良いと考えられております。
一方、大腸ポリープの約50%、早期大腸がんの約30%、進行大腸がんにおいても10%程度は便潜血反応が陰性となるといわれており、検診での便潜血反応はあくまでの非常な簡便は指標にしかなりません。)

これらのことから、当クリニックでは便潜血陽性の方にはもちろんのこと、これまで大腸内視鏡(大腸カメラ)の検査を受けたことがない方には、大腸内視鏡(大腸カメラ)での検査をご案内しております。

大腸内視鏡検査のご予約はこちら

  • 大腸内視鏡検査をご希望の方は、以下のWeb予約サイトからお申し込みください。Web予約はこちら
  • 大腸内視鏡のご相談はお電話でお問い合わせください。
    03-6413-1642

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら