きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [診療]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

専門医が伝えて
おきたい胃腸のおはなし

Column

vol.2 慢性胃炎

慢性胃炎とは、胃炎が長期間、くりかえし起こることで胃粘膜が変化してしまう状態のことをいいます。 

原因と自覚症状

原因

  • ① ピロリ菌の感染
  • ② 加齢による胃の老化
  • ③ 偏った食生活
  • ④ 過度のストレス
  • ⑤ 過度の喫煙や飲酒

自覚症状

  • ① 上腹部不快感
  • ② 胃もたれ
  • ③ 食後のむかつき
  • ④ 食欲不振
  • ⑤ ほとんど自覚症状のない場合も多い

治療法・薬

治療法

  • ピロリ菌感染を認める場合は、ピロリ菌の除菌を行います。
  • 自覚症状に応じて、対症療法を行います。

治療に使われる薬

①胃酸の分泌を抑制する働きのあるもの
(胃酸分泌抑制薬)
②胃を保護する働きのあるもの
(胃粘膜保護薬)
③胃の運動を良くする働きのあるもの
(運動機能改善薬)

内視鏡検査所見

慢性胃炎の大半はピロリ菌の長期感染によって引き起こされると考えられています。ピロリ菌を除菌することにより、慢性胃炎(萎縮性胃炎)の改善や胃部の症状の改善が期待できます。また、胃がんの発生リスクを抑えることが可能です。

食事や日常生活の注意点

  • 睡眠不足やストレスを解消し、規則正しい生活を心掛けましょう。
  • 毎日、規則的に食事をとりましょう。
  • 暴飲暴食をさけ、胃に負担をかけない食事をしましょう。
  • タバコ、アルコール、刺激物は胃粘膜への負担が大きくなると考えられます。胃の調子が悪いときは、極力控えるようにすることが大切です。

院長からひとこと

慢性胃炎は病気と考える必要はありません。症状があれば治療を受けるといったことで十分と思われます。ただ、自覚症状だけでは診断できないため、特に胃がんを除外する意味で、1年に1回の内視鏡検査を受けることをお勧めしています。

診察のご予約はこちらから

診察のご予約はWeb予約、もしくはお電話にてご予約ください。

  • Web予約はこちら
  • 03-6413-1642

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら