きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [診療]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

クリニックブログ

Blog

『機能性ディスペプシア』という病気をご存じでしょうか?

 

『最近、胃の調子が悪いので、薬局でお薬を買って飲んではいるのですが、あまりよくならなくて…』

といった患者さんが外来を受診されることがあります。

 

〈胃の調子〉といっても症状は様々です。

・食後の胃もたれ

・みぞおちの痛み

・少し食事をしただけでの満腹感

 

長引く胃の不調ということて、重大な病気を患っている可能性もありますので、内視鏡検査は必須となります。

 

ですが、胃の内視鏡検査を行った結果は

『異常なし』

 

これが、『機能性ディスペプシア=機能性胃腸症』になります。

 

胃をはじめとした内臓の働きは自律神経が制御しており、過度なストレスなどでそのバランスが乱れてしまうと、胃の機能が悪くなってしまいます。

そのため、胃にはいった食べ物がうまく十二指腸に送り出せず、胃に長くとどまるため、胃もたれを感じるのです。

 

一昔前までは、神経性胃炎胃アトニーといわれ、慢性胃炎の仲間としてと診断され、『気のせい』とか『精神的なもの』も言われてしまうこともあったのですが、2013年に慢性胃炎とは区別されて正式な診断名として認定されたという経緯もあります。

 

治療は、内服治療が基本であり、

・胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害薬)

・胃の働きを良くする薬(胃の蠕動改善薬)

・漢方薬

などを組み合わせて症状の改善をしていきます。

 

2013年には機能性ディスペプシアに対する専用の薬も保険適応になり、治療方法の選択肢は広くなっています。

 

規則正しい生活を送り、なるべくストレスをためないという心がけも大切です。

長引く胃の不調がある方は、専門医に診てもらい、適切な診断と治療をうけることをお勧めします。

 

きたやま胃腸肛門クリニックでは『機能性ディスペプシア』の患者さんも積極的に治療を行っております。

 

カテゴリー

医院概要

当院の特徴

  • 苦痛のない優しい内視鏡検査
  • おしりの日帰り手術
  • 日帰り大腸ポリープ手術
  • 女性専用待合併設
  • 日曜診療

アクセス

  • 〒154-0015
    東京都世田谷区桜新町2丁目
  • 東急田園都市線「桜新町駅」
    徒歩2分

診療内容

  • 内視鏡内科
  • 肛門外科
  • 胃腸内科
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 日帰り大腸ポリープ切除
  • 痔の日帰り手術