きたやま胃腸肛門クリニック

予約はこちら
  • ご予約・ご相談はお電話で
  • 03-6413-1642
  • [受付]9:00〜12:00/16:00〜18:00[休診]火曜日(土曜は午前中まで)

きたやま胃腸肛門クリニック

専門医が伝えて
おきたい胃腸のおはなし

Column

vol.1 食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは、食道と胃のつなぎ目である食道裂孔が何らかの原因で緩んでしまっている状態をいいます。主な原因は加齢によるものですが、生まれつき食道裂孔が緩くヘルニアになってしまう場合もあります。

自覚症状がなければ、つなぎ目に緩みがあるというだけで治療の必要はありません。ただし、内視鏡検査にて逆流性食道炎の所見を認めた場合は、内服治療を行う場合があります。
自覚症状として、胸やけ、胸の痛み、喉のつかえ感画などがある場合は…

vol.2 慢性胃炎

慢性胃炎とは、胃炎が⻑期間、くりかえし起こることで胃粘膜が変化してしまう状態のことをいいます。原因は…

vol.3 胃ポリープ

胃の粘膜上皮が局所的に隆起した病変を胃ポリープといいます。
「胃ポリープ」の多くが「過形成性ポリープ」や「胃底腺ポリープ」という良性の疾患です。 しかし、将来がんになる可能性がある「腺腫性ポリープ」も認めます。
したがって、胃ポリープを認めたときは、多くの場合、組織検査を行い、将来“がん化”するポリープかどうかの判断を行い…

vol.4 大腸ポリープ

腸粘膜にできる隆起性病変(いぼのようなもの)を大腸ポリープといいます。多くの大腸がんは腫瘍性ポリー プである『腺腫』から発生すると考えられています。
ポリープは大きく「腫瘍性ポリープ」と 「非腫瘍性ポリープ」に分けられます。
非腫瘍性ポリープには炎症性ポリープや過 形成性ポリープがあり、大腸がんになることはほとんどありません…

診療メニュー

内視鏡検査

肛門診療

診療内容

  • 専門医が伝えたいお尻のお話し
  • 専門医が伝えたい胃腸のお話し
  • クリニックブログ
  • 症状でわかるお腹とお尻の診断チャート
  • ドクターズサプリメント
  • 腸内フローラ検査
  • メディア掲載
  • 予約はこちら